FC2ブログ
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2013-10-11 (Fri)
寝れなかったり、早く寝ても
天気が良くても悪くてもど起きた瞬間どよーんの日々
あー、これマジヤバイんでないのぉ?な数日
何となくだけどちょっぴり浮上かな
まだどこそこ行きたい!とかなになにやりたい!みたいのはないけど
くらーい気持ちからはちょっと脱出

ふとした瞬間、良い事悪い事、今までの事が思い出されるんだけど
人は死ぬとその人の悪い事は言えなくなっちゃうでしょー

何度病院聞いてもしんどいから誰にも会いたくないって
教えてくれないから行ってなかっただけなのに、
あの子(私)はいまだ恨んでる、わがままな子や・・とか聞こえてきたり
(わがままは同意だけど、恨んでるとかないですからー)
お父さんも今回はひどい落ち込みだよ、○○はしっかり父親に好きにさせてもらってきたやんか
お父さんには恩があるやろ、○○が大人になってーうんねんかんねん・・・

はぁー?あんたら何なん?な登場人物の数々、
結局また私が悪い役するわけねー
全てを話してドン引きされるのも同情されるのなんかまっぴらゴメン、
何も言わずヘラヘラ同意して耐えましたわよ、
ええよそれで、好きに言ってくれと思いつつ
何でこうなるかなーってグッタリしてたんかな。

ちゅーかさ、理解できない事は多かったけど
別に恨んでなんかないしねぇー、死を前にした人を恨んだりざまぁと思うほど
私の心はすすけてないし!

これをこの二年、何度か考えてた。
実母の仏壇捨てちゃった事件でも、元気な人相手なら
乗り込んでいって文句も言える、ほんとに父親の単独行動なんか聞く事も出来る
それが死を免罪符にされたらこっちは何も言えへんやんねぇ。
捨ててまったもんはしゃーない、だいたい母はあんな仏壇の中にちんまりいる人ではない
とっくに気持ち良い場所で余計なこと考えずノンビリ過ごしているに違いない
いるとしても実の娘の私の傍にいるだろうしって切り替えて乗り切ったけど
そこまで考えがまとまるまで、早死にしたうえ、彷徨ってたらどうしよう、
行き場がなくなって苦しんでたらどうしようとどんだけ苦しかったか。

余命宣告があるかないかの違いやん、人の死なんて全くもって
誰が先やらはわからんやん。
これでこっちがポックリ逝ったらほんまやられっぱなしやなーとか
そんなんなったらちょっとは反省やらするんかなーとか。
いやいや、やられたやった置いといて、それじゃあ私の家族が可哀想過ぎやん、
しんでたまるかヴォケと思ったり
大抵はほとんど考えることなく過ごしてたけど、ふとよぎる色んな思い
どんな事でも腹割って話したらええやん!と思う私にはしんどかったさね。

優しいところもあったし、芯から悪い人ではなかった。
死を前にしてどうなってもええ、何言われてもええってヤケクソになった部分もあるやろ
余命宣告された事ない私には想像だけで思うしかない訳だけど
あの人にとって苦しすぎるほど苦しい時間だったろうからね。
死を免罪符のやりたい放題、これもしゃーないのかもしれん。
恨む気持ちはないけれど、哀れさが付きまとう、考えるとシュンとなる。

一番ガッカリだったのは、仏壇の時も色んな事一番相談してたおばさん
私が上手く言うからな、あんたは心配せんでエエとか言ってたくせに
右から左で父親の耳に入れてただけって事実、驚愕したねー
まあな、奴らこんなヒドイ事してるでって伝えてやろうって気もあったから
自業自得かもな。私が話さなきゃそうはならなかったんだし。
ややこしい相談事は人が絡めば絡むほど大きくなるって知ってたのに
身内なだけに脇が甘かったわ。ええ勉強になったわー

10年後笑っていたいねとかアホ臭い、私は今笑いたい
同じ日は二度とない、知ってますがなそんな事、その中で嫌な日もええ日もあって当たり前
良い日を増やせればと思うけど、そんなん気の持ちよう一つだし
いちいち考えるのもしゃらくさいわ。

自分が死ぬときあー、しくったなぁー無駄な日々を過ごしたなーと思うやろけど
人間なんて欲張りや、やりきった感で死ねる人ってなんぼほどおるんやろ?
もうぐったぐた考えやん、断舎利する気も無くなったし
楽しいことばっかで過ごせなくても自分でコレちょっとうれしいがあれば万々歳や。
今はワンが元気だし、万々歳ちゅー事やわね。

くらーいプライベートな話はこれでおしまい。
思いっきり言ってやりたい人もいるけど、それで気分が良くなるかと考えると
そうでもない気がするし、あんな酷い事言うんじゃなかったとか後悔するのもまっぴら

どんな根性ワルでもワンコ相手にうらみつらみ言う奴は聞いたことないからな
お口チャックでワンコを見本に乗り切るわ。

明日からは親ばかワンコ日記に戻りますわよ~
うちの子可愛い可愛いの自慢聞いてね、どうぞよろしく~(・´з`・)
| *日記* |